家族に結婚の報告

チョコレートレシピ

チョコレートレシピ・ビスケットバー【チョコレートのレシピ】

チョコレートレシピ・ビスケットバー【チョコレートのレシピ】

ビターチョコレートを使った大人のチョコビスケットバーのチョコレートレシピです。

ビスケットバー・チョコレートレシピ材料

ビターチョコレート・・・100g
 
マシュマロ・・・・・・・30g

ビスケット・・・・・・・3枚


ビスケットバー・チョコレートレシピ

@:ビターチョコレートを細かく刻みます。細かく刻むのがポイントですよ。

A:生クリームと@を弱火で、沸騰直前まで温め、火からおろします。

B:マシュマロを適当にちぎり、ビスケットも適当に砕きます。

C:AにBを混ぜ合わせたらバッドにいれ冷蔵庫で冷まします。

D:冷えて固まったら長細くカットします。


チョコレートレシピ

チョコレートレシピ・パウンドケーキ【チョコレートのレシピ】

チョコレートレシピ・パウンドケーキ【チョコレートのレシピ

ホットケーキミックスを使った簡単にできるバウンドケーキのチョコレートレシピです。

バウンドケーキ・チョコレートレシピ材料

   ホットケーキミックス・・・170g
 
   ココアパウダー・・・・・・30g

   シナモン・・・・・・・・・少々

   ナツメグ・・・・・・・・・少々

   無塩バター・・・・・・・・30g

   卵・・・・・・・・・・・・3個

   グラニュー糖・・・・・・・130g

   牛乳・・・・・・・・・・・50cc

デコレーション用材料

   粉糖・・・・・・・・・・・大さじ3

   水・・・・・・・・・・・・小さじ1 

   アザラン・・・・・・・・・適量

   ドライアプリコット・・・・8個

   八角・・・・・・・・・・・8個


バウンドケーキ・チョコレートレシピ

    @:ホットケーキミックスとココアパウダーとシナモン、ナツメグを混ぜ合わせてふるっておきます。

    A:無塩バターを溶かします。

    B:ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、泡立て器で「もったり」とするまで混ぜ合わせます。

    C:BにAと牛乳を加え、泡立て器で混ぜ合わせます。

    D:Cに@を入れ、木べらで混ぜ合わせます。

    E:Dをバットに入れ180度のオーブンで20分から25分焼きます。

    F:竹串を刺してみて、竹串に生地が付いてこなければ、取り出しましょう。

    G:冷めたらスティック状に切り分けます。

    H:粉糖と水を混ぜ合わせてアイシングを作ります。

    I:Hをケーキの表面に塗って、アラザンやアプリコット、八角などで飾り付けましょう。

チョコレートの効能

チョコレートでアップ【チョコレートのレシピ】

チョコレートでアップ【チョコレートのレシピ】

チョコレートの効能として、ストレスを緩和させ、集中力や記憶力のアップを期待できます。

チョコレートを食べるとイライラが治まったり、気持ちが落ち着くといったことを経験したことはないでしょうか?

チョコレートに含まれるカカオに秘密があります。

カカオに含まれるテオブロミンには自律神経を調整する働きがあります。

テオブロミンにより気持ちを落ち着かせ、ストレスを緩和させましょう。

ビターチョコレートとは

ビターチョコレートとは【チョコレートのレシピ】

ビターチョコレートとは【チョコレートのレシピ】

ビターチョコレートには意外な効能があります。

チョコレートの中でもビターチョコレートにはダイエット効果もあります。

ビターチョコレートは甘みが少ない代わりに苦味が強く、香りも高いのが特徴です。

ビターチョコレートにはカカオ豆をペースト状にしたカカオマスがミルクチョコレートよりも多く含まれています。

最近ではカカオマス70%以上のチョコレートも珍しくはありませんね。

チョコレートレシピの前に

チョコレートレシピの前に【チョコレートのレシピ】

チョコレートレシピの前に【チョコレートのレシピ】

チョコレートレシピの前にチョコレートの由来くらいは知っておきましょう。

チョコレートは、16世紀コロンブスによって発見され、ヨーロッパに伝えられました。

そのときに伝えられたものがチョコレートの原料のカカオ豆でした。

18世紀はじめには飲み物として、スペイン、オランダを経てヨーロッパ各地へと広がっていきます。

その後、ココアパウダーの発明によって現在のチョコレートの原型が出来上がりました。
 
日本に伝わったのは18世紀後半アメリカから伝えられました。 

チョコレートができるまで

チョコレートができるまで【チョコレートのレシピ】

チョコレートができるまで【チョコレートのレシピ】

チョコレートができるまでにはさまざまな工程があります。

チョコレートの原料となるカカオ豆は、果肉が腐らないうちに実を割ってしまいます。

割ったカカオ豆は乾燥して、パウダーにしやすいようにさらに乾燥されます。

乾燥したカカオ豆の香りをひきだすたにローストされます。

そして、ローストされたカカオ豆は粗く砕かれます。

その粗く砕かれたものをもっと細かく砕いて、ペースト状にします。

このときにパウダー状のものとペースト状のものに分かれます。

ペースト状のものはカカオバターとなってチョコレートができるまでに欠かせないものとなります。

<<前の10件  1 2 3  


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。